Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

食品

節約(激安)おせち料理

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(八代目小吉右衛門)です。

昨年は、某ネット通販で15,000円(3人前)おせち料理を購入したのですが、値段が高いだけで味はいまいちでしたので、2015年のおせち料理は節約(激安おせち料理)と言うより、プロの料理人に負けないITサラリーマンがコストパフォーマンスをテーマに「美味しいおせち」にチャレンジします(°∀°)b

ちなみに、我が家は子供が3人で量的にも前々足りませんでした。(`×´)

節約と言っても、自分で作るのではなく、普段スーパーなどで購入できる物を重箱に並べるだけです。

色々調べてみると、他の方も同様な激安、格安おせち料理を作られていましたので、その辺りも参考にしています。

そもそも、何故好きでもない具材が多いおせち料理に高額のお金を支払うのか、、、疑問を感じていたのがきっかけでした。

適切な金額はいくらなのでしょうかね~。

本題に行く前におせち料理の由来を調べて見ましたので、少し参考にして頂ければ幸いです。

由来[編集]

「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり[1][4][5]、中国から伝わった五節供の行事に由来する[6]奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言った。現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる[7]

この五節会の儀を一般庶民がならって御節供を行うようになったものと考えられている[8][注釈 1]。もともとは五節句の祝儀料理すべてをいったが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになった[5]。正月料理は江戸時代の武家作法が中心となって形作られたといわれている[9]

江戸時代、関西では「蓬莱飾り」、江戸では「食積(くいつみ)」、九州の佐賀・長崎などでは「蓬莱台・手懸け盛り」[10]と称し歳神様に三方などでめでたい食べ物などを床の間に飾り、また年始の挨拶に訪れた客にも振舞ったり家族も食べたりした。

重詰めへの移行[編集]

傍廂(1853年)によれば天明の頃までは食べていたがそれ以降は飾るだけとなり、正月料理は重詰め等へと変化していく。膳に盛られた料理と重に詰められた料理が用意され、このうち膳に盛られた料理を「おせち」と呼んだ[11]。のちの「東京風俗志」(明治34年)によるとお膳に供えた煮物を「御節」、重詰めしたものを「食積」と呼んでいる[注釈 2]

重箱に本膳料理であった煮染めを中心とした料理が詰められるようになり食積と御節の融合が進んだ。現在では重箱に詰めた正月料理を御節と呼ぶようになっている[12][13]。重箱に御節料理を詰めるようになったのは明治時代以降のことと言われている[11]

重箱に御節を詰める手法が完全に確立した時期は第二次世界大戦後でデパートなどが見栄えの良い重箱入りの御節料理を発売したことによるとも言われている[14]。正月料理の重詰めについては江戸時代の文化・文政年間の料理茶屋における料理の影響を受けているとみる説もある[9]。Wikipedia引用

 
 
続きを読む

俺のイタリアン 新橋店

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(八代目小吉右衛門)です。

最近、雑誌やTVなどでメディア露出が多くなってきた、「俺のイタリアン新橋店」へ妻と寒い中2時間並んでようやく店内に入る事が出来た。

約2時間制なので、回転率は悪くないが、立ち飲みスタイルなので、お酒に酔うのは早くなる。

立ち見に相席ですので、多く注文するとテーブルに乗らなくなるので、飲み+食べの時間的配分を考えながら注文しましょう(^^♪

今回注文したのは、エビのアヒージョ、フォアグラ、ピザ、生ハム、パスタ、赤ワインでしたが、やっぱりこの値段でのクオリティは高いです。

立ち飲みスタイルだから、原価率が高くても回転率が高いでの収益が出るのでしょう。

あっそうそう、フォアグラを食べた時に上に黒いお焦げか乗っていたので、妻は食べないと思って私が食べようとしたら、それはお焦げではなく、リフだから、私の分も残してネ!!って、おおーーーー、何とも無知な私でした。危うく、喧嘩になりところでした(-_-;)

スライドショーには JavaScript が必要です。

 


続きを読む

スパゲティーのパンチョ 新橋店

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(八代目小吉右衛門)です。

「改めてナポリタンはうまいと言わせたい、」っとホームページに記載されていましたが、

《パンチョのナポリタンとは》
昔ながらの食材、調理方法にこだわったナポリタンで懐かしさを提供しているみたいです。
ソースは毎日お店で手作りなので、家庭でも他でも決して食べることはできない唯一無二の”ナポリタン”なのとのフレーズです。

場所は新橋SL広場の後ろ側のビル地下2Fにあり、昼頃になると行列が出来るくらいの盛況店です。お店自体はとても狭く、通路は人がすれ違うギリギリくらいでした(^^♪

でも、本当に食べ応えがあり、サイズは、(小・並・大)から選べて、どれを選んでも同一料金です。

並みでも、普通のお店の大盛以上ですので、注文は慎重にしましょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

宇奈とと 新橋店

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(八代目小吉右衛門)です。

最近は、中国人がうなぎを食べるようになってから、うなぎの値段が格段に値上がりしており、新橋でも有名な「宇奈とと」もがっかりするぐらい値段は据え置き!?でもがっかりするくらい、うなぎのサイズが極小となり、月1回の楽しみが無くなりました(>_<)

スライドショーには JavaScript が必要です。

キッチン男の晩ごはん 三鷹店

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(八代目小吉右衛門)です。

JR三鷹駅から徒歩4分くらいの所にある「キッチン男の晩ごはん」名前は不明ですが、豚の生姜焼き+エビフライ+ハンバーグ+チキンカツ定食でした。

この定食を食べると、もう夜の食事はたべられません(-_-;)

でも私のお勧めは、実は「スタミナ野郎油そば燃えよドラゴン」が大好きです。

最近は、三鷹にも行かず食していないので、現状どうなっているか不明です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

神田まつやそば

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(八代目小吉右衛門)です。

以前からマスコミや芸能人が行く大人のお店に行きたくて、お店の前を通る度に「おそば」を食べたい衝動に駆られていた。しかし、いつも混んでいるので中々並んでまで待つ勇気がありませんでした(>_<)

そん中、たまたま夕方お店の前を通った時にお客さんが並んでいなかったので、一人で入る事にしました。

お店の雰囲気は、昭和を醸し出すイメージがいっぱいで若い子にはこのレトロ感覚を理解するのが難しいかも知れませんネ!!

何と言っても創業明治17年ですからね💖

食べたいものは、最初から決めていたのでビール(中生)、かまぼこ、ざるそばを注文して、人気があるだけに15分くらいしてからおそばが運ばれてきました(^^♪

最後に日本酒を頼んでお会計としています。

お店の中は、年配者が多く若い方はあまりいませんでした。(偶然かも知れませんが、、、)

スライドショーには JavaScript が必要です。